性器について子供に聞かれたらどうする?

こんにちは。READY BOXのブログ担当ひえいです。こちらのブログではユネスコが発表した「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」を参考に、お家でできる月経教育・性教育のコンテンツを発信していきます。


今回はその中でも「性と生殖の解剖学と生理学」の章から自分のからだについて知ること、そして知りたいと思う気持ちについて考えていきます。<知識><態度><スキル>の3点から少しずつ実践していきましょう。

国際セクシュアリティ教育ガイダンス

同書では学習目標年齢が設定されており、今回の章の最年少単位の5〜8歳では、「自分の体の名称と機能を知ることは重要で、生殖にかかわる器官も含め、それらについて知りたいと思うことは自然なことである」という目標になっています。

<知識>内性器・外性器の重要な部分を明らかにし、それらの基本的な機能を説明する

さて、この項目ですが、私たち大人でもまじまじと自分の性器をみたり、確認したことがある方は少ないのではないでしょうか?

性器だと少し抵抗感があるかもしれませんが、たとえば、自分の口の中は自分でも見ることが多いかと思います。歯は毎日磨くからこそ綺麗に保てますし、痛みがあれば鏡でチェックしますよね?だからこそ、どのあたりが痛いとか、異変があるとお医者さんに伝えることができます。

逆に、見たことも触ったこともないと、それが難しくなるのではないでしょうか。

上記のように、自分のからだについて「知らない」というのは異変に気づけないリスクや、特に性器に関していうと、将来的に性行為をしたいと思った際、自分自身が知らないがゆえに、相手の知識に頼りっきりになってしまうことにもつながります。

お子様から性器に関する疑問が出た際は、性器だからと特別視するのではなく、「じぶんのからだ」を守るための知識として正しく伝えてあげられるとよいですね。

基本的な知識を伝える際に、私たちがおすすめするのは、鏡を使うことです。
お子様の持ちやすい手鏡などを活用して、自分自身で見ることを促してみましょう。外性器であれば清潔にした手で少し触れてみて硬さや色など、皮膚の感じを確かめるのも良いですね。

鏡を持った生理ちゃん

事前の知識として、絵本やネットで画像を検索してから自分の体の確認してもいいですし、READY BOXストアで販売中のブックレットには女性器の図解も入っているので、ぜひご活用ください。

注意点としては、ネットなどで検索するとどうしても「理想的な性器の色」のような画像や記事が出てきてしまうので、性器の色や形には個人差があることを伝え、保護者が手伝って上げる際にも、「一緒にみても嫌な気持ちにならない?」「嫌だったら言ってね」と事前に確認することです。


<態度>性と生殖に関わる期間も含め、自分の体を知りたいと思うことはまったく自然なことであると認識する

お子様が「おちんちんってなんでこんな形なの?」「なんでおまたにも穴があるの?」などと性器について疑問を発することもとても自然なことです。
「自分のからだ」について知りたいと思うこと自体もおかしいことではありません。
むしろ自分のからだについて理解が深まるからこそ、「何をしたら不快なのか」「どうしたら気持ちいいのか」と知ることもできます。

とはいえ、お子様に突然性器に関する質問を投げかけられたときには少しどきっとしてしまうかもしれません。

とっさに「はしたない」「汚らしい」といったネガティブな発言はせず、「大切なことだからゆっくり伝えていくね」などと一呼吸おいてからご自身の伝えやすい言葉で時間をかけて伝えていくと良いかと思います。

その際、質問を受けた保護者自身も自分が不快だと思うことを無理に話す必要はありません。「おまたについてみられたり、くわしく聞かれたりするのは、今は少し嫌な気分なの」などとしっかりとご自身の気持ちを伝えた上で、「でも、もちろん大切なことだから、一緒にこの絵本で学ぼうね。」などすでにあるコンテンツを利用して学ぶのも良いかもしれません。



<スキル>自分が知りたいと思うからだの部分に関する疑問について、質問したり疑問に答えたりすることを実践する

まずは自分が知りたいと思うときに質問できるよう、正しく体の名称について伝えてあげましょう。

その上で、疑問を感じたからと言っていつでも誰にでも質問していいわけではありません。特に性器に関しては、例えば人前で「おちんちん!」などと言うと不快感を感じる人がいることも事実です。「恥ずかしいこと」ではないですが、プライベートゾーンに関する学びと合わせて、「人がいるところでは見せないし話さない」とお約束するのも良いかもしれません。

その際、どんな場面や、誰になら疑問を発していいのか(お家の中ならいいよ、ママには言っていいよ、など)を伝えてあげると実際に疑問を持ったときにも伝えやすくなりますね。

 

いかがでしたでしょうか。
大切な自分の体を守るためにも、ぜひおうちでの教育を始めてみてください。
次回以降もお子様との家庭教育で役立つコンテンツをお届け予定です。
疑問や感想もぜひコメントで教えてくださいね。


<参考図書>

国際セクシュアリティ教育ガイダンス」ユネスコ編
「だいじだいじどーこだ」遠見才希子作、 川原瑞丸 絵

<参考記事>

「たまひよ」子どもに「性器」の名前をどう伝えるか ママ泌尿器科医
「アルソック」プライベートゾーンとは?子どもを性犯罪から守るための知識を解説
「MSDマニュアル 家庭版」
情報・知識&オピニオン 「IMIDAS」

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。